活動状況 (5/14)



● クオリボ おとな塾
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

 高齢者介護勉強会 〜           2018年4月28日 13:00ー15:00

  「もっと知ろう、もっと使おう介護サービス」  

 4月28日(土)に高齢者介護に関する勉強会を初めて企画しました。10名の参加者に来ていただきました。京都府福祉人材・研修センターの橋本順子さんに講師をお願いし、介護保険で提供されているサービスはもちろん、それ以外に受けることができる介護サービスの内容や条件について学んだあと、ケーススタディとしてある状況を設定し、参加メンバーの皆さんでトークセッション、一言発表を行いました。

 勉強会が終わった後も、メンバー個々の現実課題について具体的な質疑応答となり、メンバー間でのアドバイスがあったりと、大幅に時間を延長した有意義な勉強会になりました。高齢者介護の現状の厳しさを改めて実感すると共に、あらたな知識や対処方法を学ぶことができました。同様の内容で、5月26日にも開催の予定です。


  



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
〜 クオリボ 語りべの集い 〜     2018年3月5日 17:00ー18:30
 テーマ:「がんの予防とうまい付き合い方」  
 3月5日に 金原松郎氏(碧ウエルネスラボ 代表)にお越しいただき、がん患者としてこれまで学ばれた知識や経験談を熱く語っていただきました。「良い病院や医師を探す前に、良い患者になる努力をすること」というモットーを実践されてきた金原さんならではの語りべの会になりました。



※5月7日(月)には、個別の相談会を開催しました。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

〜 クオリボ・ウクレレ教室 〜     2018年2月25日 14:00ー15:00(初回)

 2月25日に初めてのレッスンを開催しました。生徒さんは4名で全く初めての方ばかりです。ウクレレの構造や各部の呼び方から学び、最後には、簡単なコードを覚えました。次回は、基本的なストロークを練習して、簡単な曲を練習していきたいと思います。練習後は美味しいコーヒータイムとなりました。



また、4月18日からギター教室もスタートしました。



● 亀屋煎茶会 20183月31日 10:30〜11:30 (第1部) 13:30〜14:30(第2部)

 春の温もりが心地よい中、クオリボで初めての煎茶会を開催しました。地域の方々や知人・友人の皆さんがお越しになり、東阿部流の大垣社中(師範 大垣翠敬/杉原 中村 寺谷 竹内)によって、各グループ2席の煎茶をいただきました。玉露の豊潤な香りとゆったりと流れる時間に身を委ねる心地よさが印象的でした。師範からは作法や味わいのお話のほか、お道具や掛け軸、飾り物の解説もいただき、煎茶の世界を知る絶好の場になりました。


  




● 第2回認知症あんしんサポーター養成講座
               2018年2月17日(土) 14:00〜15:30

    
        講師   橋本 順子 さん(京都府福祉人材・研修センター)

 昨年9月に開催しました第1回の講座では、まずは、認知症の方と介護の現状そして支援制度や地域支援のしくみについて、それらの概要を知る良い機会になりました。その後、もっと詳しい内容を知りたい等の要望もあり、今回はさらに深堀りした内容の講座を開催しました。約20名の方々に参加いただきました。25歳〜83歳と世代を超えたメンバーを3グループに分け、グループごとのワークでは付箋紙に様々な意見や想いを書いて、グループでまとめて発表もしていただきました。難しいテーマですが、メンバーといけんを交わすことで、より身近な課題として捉えていただけたと思います。
 次回は4月下旬の開催を計画しています。テーマは介護関連の諸制度にフォーカスしたいと思っています。

  



● チャレンジ・キッチン   
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
第6回 チャレンジ・キッチン  (2018年3月20日(火) 18:00〜21:00)
 今回は中華です。ビビンバに挑戦しました。ホットプレートを使って、手軽に石焼風のビビンバができましたえのき茸を入れた中華風スープや昆布と山芋を使ったヌメヌメサラダ。野菜いっぱいのメニューでした。
 メニューは
  ★ビビンバ ★中華風スープ ★昆布サラダ ★デザート(生姜はちみつスープ)
でした。次回は4月24日(火)に決定です。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
第5回 チャレンジ・キッチン  (2018年2月20日(火) 18:00〜21:00)
 今回は、なんとソーセージ作りに挑戦しました。絞り袋に羊腸をセットしてタネを入れて・・・皆さんの協力で、予想以上に立派なソーセージが出来上がりました。ほかのメニューも盛りだくさんで、ビールやワインもあって極ウマでした。そして、今回のチャレキチ・ワンポイント講座は食品添加物のこと。いろいろ詳しく見てみると恐ろしい世界が身近にあることが良く分かり、強烈なインパクトでした。
 メニューは
  ★手作りソーセージとザワークラウト ★サーモンのホイル焼き ★雑穀ごはん
  ★オニオンスープ ★甘酒ゼリー 
でした。

  

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
第4回 チャレンジ・キッチン  (2018年1月23日(火) 18:00〜)
 第4回目のチャレンジ・キッチンを開催。今回は、全てのメニューがメンバー初めてというチャレンジぶり。豚バラ肉とかぶらの塩麹プルーン煮が予想以上にバカうまでした。白菜のアンチョビ焼きはワイン通には最高です。
 今回は「食と血液循環」のことや、大豆などの豆類が健康に及ぼす効果などを勉強する機会となりました。
 メニューは
  ★豚バラ肉とかぶらの塩麹プルーン煮 ★ひじきの白和え ★白菜のアンチョビ焼き
  ★ふっくら大豆ご飯 ★デザート
 でした。次回は2月20日(仮)の予定です。

 

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
第3回 チャレンジ・キッチン  (2017年12月19日(火) 18:00〜)
 今回は、クリスマス直前というタイミングでもあり、パーティーメニューをメインにメニューを構成しました。また、今回だけアルコールもOKということで、試食会はプチパーティーになりました。テーマは「お酒と上手な付き合い方」ということで、おおいに役立つ情報を知る機会になりました。

 今回のメニューは、
  ★ とんかつ ★ カキフライ ★ 野菜のかき揚げ ★ シーフードサラダ
  ★ とうがんとアサリのスープ ★ 雑穀ごはん ★ デザート(焼きリンゴ)

次回は、1月23日(火)です。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
第2回 チャレンジ・キッチン  (2017年11月14日(火) 18:00〜)
 今回は参加者のご要望もあり、洋食系のメニューにトライ。ちょっとした調理のコツや食材のカットの仕方にもこだわりました。今回もテーマはたんぱく質で、さらに踏み込んだ内容について学ぶことができました。

 今回のメニューは、
  ★ 豆腐ハンバーグ ★付け合わせ ★秋野菜の粒マスタード和え
  ★ 玄米スープ ★雑穀ごはん ★デザート(果物)

次回は12月19日(火)に開催が決定。クリスマス会も兼ねて楽しくて美味しい内容を検討中です。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
第1回 チャレンジ・キッチン  (2017年10月10日(火) 18:00〜)
 クオリボのキッチンを使って、実際に料理をして、食材や調理法を体験史ながら
「食」と「健康」の基本が自然に身につくような場にしていこうと、第1回を開催しました。テーマはたんぱく質の摂り方です。”こころっと“の大塚麻美さんからレクチャー
もあり、プロテインの効果や他の食材の栄養素についても学ぶことができました。

 今回のメニューは、
  ★ 秋刀魚の塩焼き ★かぼちゃのそぼろ餡かけ ★りんごとさつま芋のサラダ
  ★ みそ汁 ★雑穀ごはん

11月に第2回目の開催を企画中です。時期が時期なので、パーティメニューでしょうか。料理の苦手な方もどうぞ。美味しい勉強会といったところです。





● 認知症あんしんサポーター養成講座 2017年9月19日(火) 14:00〜

    
        
        講師   橋本 順子 さん(京都府福祉人材・研修センター)

 認知症は誰にでも起こりうる病気で、2012年で462万人、2025年には約700万人に達すると予想されています。65歳以上では5人に1人の方が認知症といわれています。家族や身近かな方に認知症の方がおられても、なかなか相談する機会も見つけられないのが現状です。制度や法律だけではなく、ご本人や介護されている方々に寄り添い、不安や課題について地域でサポートしていける『地域支援』を少しずつ拡げていって、老後も安心して暮らせるまちづくりに貢献していきたいと思います。
 受講者の皆さんには、オレンジリングが配布され、講座終了後も熱心に相談されていました。今後も第2回、第3回と企画していきたいと思います。



※ 次回は2月に開催予定です。




● クオリボ ヨガ教室 
    ★隔週の水曜日に開催。
    ★レッスン時間  17:00〜18:30  / 19:00〜20:30 
         ※二部構成で、どちらかの部に参加
    ★レッスン料 : 1500円(1レッスン)



  2017年9月6日に第1回目のヨガ教室を開催しました。今回は初めての方も多く応募されたため、お話と体験会とを兼ねたレッスンを2部に分けて行いました。
 人と比べることなく自分自身だけを見つめ、コアの部分に自らが働きかけていくヨガの世界に、レッスン後には爽快感や心地よい疲労感を体験されたようです。

 現在まで、8回のレッスンを行いました。12月20日には斎藤先生を交えて1部と2部の皆さんが一同に集い、ささやかな「お楽しみ会」を開催。先生からは普段聞くことのできない話をお聞きしたり、皆さんでクリスマスソングを歌ったり、2チームに分かれてハンドベルの演奏をしたりと、大いに盛り上がりました。これからも継続して、開催していきます。参加ご希望の方は、問合せのページからメールいただくか、電話で問合せてください。



ヨガ教室のレッスン風景




             「お楽しみ会」の様子



● colorful 親と子の学びの会 
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
 〜由夏先生とクリスマス・ミュージック・セラピー♪〜
   2017年12月17日 10:30〜11:30 / 13:30〜15:30
   講師  藤原 由夏 先生

 第2回目のクリスマス・ミュージック・セラピーも 企画していただいた〜colorful親と子の学びの会〜の主宰と藤原由夏先生、そして協力いただいたスタッフの皆さん、参加いただいた親子の皆さんのおかげで、本当に素晴らしい時間と空間を体験してもらうことができました。
 民族楽器の太鼓を手で叩きながら自己紹介していくところから始まり、先生のピアノ伴奏や歌に合わせて楽器をならしたり、歌ったり、踊ったり・・・と子どもたちは自分の思いのままに自分を表現し、そのことを楽しんでくれていました。また、ハンドベルでは子どもたちが苦労しながらリズムを合わせ、協力して一つの曲を演奏することの喜びを体で感じ取ってくれていました。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
 〜由夏先生と楽しくミュージ」ック・セラピー♪〜
   2017年8月9日 14:30〜15:30
   講師  藤原 由夏 先生

この日、1部、2部と合わせて13名の子どもたちとそのお母さん方に集まっていただき、藤原由香先生によるミュージックセラピー(音楽療法)を開催致しました。先生の他に4名のスタッフの皆さんにも手伝っていただきました。挨拶の歌や楽器あそびなど、ピアノや打楽器を使って、音やリズムに合わせ、全身で何かを表現する楽しさを体験してもらえたと思います。特に、ハンドベルを使って皆さんと一緒に音やリズムを合わせながら一つの曲を演奏することの楽しさはもちろんのこと、それぞれに達成感を体感してもらえるプログラムになりました。これからも継続して開催していってほしいとのご要望もあり、前向きに検討していきたいと思います。





● クオリボ サロン・ライブ  2017年7月2日




 今回は、今岡友美さんと赤座 薫さんをお招きし、クオリボでライブを企画しました。
 京都で友美さんライブを企画したのは、今回で6回目になりますが、やっと念願が叶い、我が家でのサロンライブを実現することができました。知人、友人含め、34名の方々に来ていただき、笑いあり涙ありの楽しいひと時を過ごすことができました。
 ギターの赤座先生からは、京都市民の高齢化が進み、今後のいくつかの課題についてデータを示していただきながら、地域の方々と共に取り組んでいくことの重要性を喚起いただきました。
 アンコールのイマジンは、心に響く素晴らしいものとなり、それぞれの想いに届いたためか、涙ぐむ方もチラホラ見かけました。本当に素晴らしいライブとなりました。ライブ開催にあたりご協力いただきました多くの皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました。

      

 コーヒー講座 (計3回開催)2017年5月〜6月
  講師 山本一成 さん (Wellness Coffee Labo.)



  テーマ 
    第1回 健康に良いコーヒーの楽しみ方ーその1
    第2回 健康に良いコーヒーの楽しみ方ーその2
    第3回 美味しいコーヒーの選び方・淹れ方など

 全ての回を通して、健康をテーマにコーヒーについての知識を学び、さらに、様々なを品種のコーヒーを飲み比べながら、コーヒーについていろんなことを知る機会となりました。同じコーヒーでも、豆の挽き方や淹れ方で味わいが大きく変わることを、まるで理科の実験をしているかのように体験できました。そして、美味しいコーヒーをハンドドリップで淹れるノウハウを参加者の皆さんはそれぞれに習得されたひと時になりました。
 講師を引き受けていただいた山本一成さんと共に、これからもこのシリーズを継続し、展開していきたいと思います。